Department of Electrical, Electronic, and Communication Engineering,
 Faculty of Science and Engineering, Chuo University
 Graduate School of Science and Engineering, Chuo University

Publications
International Conference Journal Book United States Patents
Japanese Patents European Patents German Patents Korean Patents
Taiwan Patents Domestic Conference Review Media
Review
竹内健, “面接で落とされても過度に落ち込む必要はない 人が人を評価することの限界” 日経テクノロジー online, 2015年7月7日.
竹内健, “会社が潰れても人生が終わるわけではない リストラを繰り返し徐々に衰弱する経営の功罪” BLOGOS, 2015年6月12日.
竹内健, “会社が潰れても人生が終わるわけではない リストラを繰り返し徐々に衰弱する経営の功罪” 日経テクノロジー online, 2015年6月11日.
竹内健, “産業界で役に立つ技術者の実践的なスキルとは” BLOGOS, 2015年6月8日.
竹内健, “課題解決能力、グローバル、産官学連携という政策から真のイノベーションが生み出されるのか” BLOGOS, 2015年6月1日.
竹内健, “課題解決能力、グローバル、産官学連携という政策から真のイノベーションが生み出されるのか” ハフィントンポスト 日本版, 2015年5月30日.
竹内健, “「グローバル人材」になるため子供は海外の大学に行くべきか?” BLOGOS, 2015年5月25日.
竹内健, “「グローバル人材」になるため子供は海外の大学に行くべきか” ハフィントンポスト 日本版, 2015年5月24日.
竹内健, “シリコンバレーから学ぶべきは新産業の創造だけでなく、生み出した技術・産業を守り抜くことも” BLOGOS, 2015年5月19日.
竹内健, “大企業に就職することが本当に安全なのか? 経験値を高めるキャリアパスとは” 日経テクノロジー online, 2015年5月12日.
竹内健, “スーパーグローバルスクールと言う前に、英語教育はこれで良いのか” BLOGOS, 2015年5月11日.
竹内健, “スーパーグローバルスクールと言う前に、英語教育はこれで良いのか” ハフィントンポスト 日本版, 2015年5月10日.
竹内健, “就活で考えておきたい、生き残るために必要なスキルとは” BLOGOS, 2015年4月24日.
竹内健, “就活で考えておきたい、生き残るために必要なスキルとは” ハフィントンポスト 日本版, 2015年4月24日.
竹内健, “ツイッターが無ければ生まれなかった論文” ハフィントンポスト 日本版, 2015年4月13日.
竹内健, “Googleが半導体エンジニアを採用する時代の就活とは? 産業の栄枯盛衰で揺らがない普遍的な技術” 日経テクノロジー online, 2015年3月23日.
竹内健, “社会のニーズから乖離していく大学入試改革” BLOGOS, 2015年3月23日.
竹内健, “社会のニーズから乖離していく大学入試改革” ハフィントンポスト 日本版, 2015年3月22日.
竹内健, “成功した企業の経営をコピーできない理由” BLOGOS, 2015年3月20日.
竹内健, “成功した企業の経営をコピーできない理由” ハフィントンポスト 日本版, 2015年3月20日.
竹内健, “進学、就職、人生の選択はどうやって決めるのか?” BLOGOS, 2015年3月16日.
竹内健, “進学、就職、人生の選択はどうやって決めるのか?” ハフィントンポスト 日本版, 2015年3月15日.
竹内健, “誰でも一緒に平等に就活」は正しいのか?” ハフィントンポスト 日本版, 2015年3月9日.
竹内健, “「誰でも一緒に平等に就活」は正しいのか?” BLOGOS, 2015年3月8日.
竹内健, “グーグルが半導体の設計者を雇う理由” BLOGOS, 2015年3月2日.
竹内健, “グーグルが半導体の設計者を雇う理由” ハフィントンポスト 日本版, 2015年3月2日.
竹内健, “中学受験の結果は能力の全てを表すわけではない” BLOGOS, 2015年2月9日.
竹内健, “中学受験の結果は能力の全てを表すわけではない” ハフィントンポスト 日本版, 2015年2月8日.
竹内健, “「クラウドを使ってITサービスができる時代、ハードはコモディティでアウトソースすればよい」という周回遅れの議論” BLOGOS, 2015年1月14日.
竹内健, “ソフト全盛の時代、もうハードを学ばなくて良いのか? ハード・ソフト・サービス融合こそが競争力の源泉” 日経テクノロジー online, 2015年1月14日.
竹内健, “ITの研究者が子供にITを使わせない理由” ChuoOnline, 2015年1月13日.
竹内健, “日本の大学が生き残る道。アメリカの大学をコピーできないし、コピーする必要も無い。” BLOGOS, 2015年1月5日.
竹内健, “日本の大学が生き残る道。アメリカの大学をコピーできないし、コピーする必要も無い。” ハフィントンポスト 日本版, 2015年1月5日.
竹内健, “理系の学生は技術を学ぶのが先か、経営を学ぶのが先か” BLOGOS, 2014年12月26日.
竹内健, “理系の学生は技術を学ぶのが先か、経営を学ぶのが先か” ハフィントンポスト 日本版, 2014年12月26日.
竹内健, “MOT(技術経営)を学ぶには技術と経営のどちらが先か? アウトプットの前にインプット” 日経テクノロジー online, 2014年12月25日.
竹内健, “「課題解決力、コミュ力」教育で、課題を解決できるようになるのでしょうか?” BLOGOS, 2014年11月25日.
竹内健, “「課題解決力、コミュ力」教育で、課題を解決できるようになるのでしょうか?” ハフィントンポスト 日本版, 2014年11月25日.
竹内健, “メディアのパーソナル化は、個人が大手メディアを代替するのではなく、専門家が発信した情報を大手メディアが拡散する、持ちつ持たれつの関係になるのかも。” BLOGOS, 2014年11月17日.
竹内健, “人生の岐路では何を基準に進路を決めるのか?” ハフィントンポスト 日本版, 2014年11月9日.
竹内健, “自分はエレクトロニクス・ITの研究者だけど、子供にはスマホもパソコンも使わせない理由” BLOGOS, 2014年11月4日.
竹内健, “自分はエレクトロニクス・ITの研究者だけど、子供にはスマホもパソコンも使わせない理由” ハフィントンポスト 日本版, 2014年11月3日.
竹内健, “特許は会社のもの? 発明者のもの? 特許の帰属をめぐる不毛な争い” ハフィントンポスト 日本版, 2014年10月27日.
竹内健, “特許は会社のもの? 発明者のもの? 特許の帰属をめぐる不毛な争い” BLOGOS, 2014年10月27日.
竹内健, “NHKニュースの深読み出演を終えて。中村修二さんが言う、日本企業の技術者の待遇の問題は、ポスドクとは全く別の問題。” BLOGOS, 2014年10月21日.
竹内健, “NHKニュースの深読み出演を終えて。” ハフィントンポスト 日本版, 2014年10月19日.
竹内健, “中村修二さんだけでなく優秀なエンジニアの海外流出は続く ローリスク・ローリターンからハイリスク・ローリターンに変わったエンジニアの環境” ハフィントンポスト 日本版, 2014年10月18日.
竹内健, “中村修二さんだけでなく優秀なエンジニアの海外流出は続く ローリスク・ローリターンからハイリスク・ローリターンに変わったエンジニアの環境” BLOGOS, 2014年10月16日.
竹内健, “中村修二さんだけでなく優秀なエンジニアの海外流出は続く ローリスク・ローリターンからハイリスク・ローリターンに変わったエンジニアの環境” 日経テクノロジー online, 2014年10月16日.
竹内健, “日本のエンジニアが海外に飛び出すのは、日本の女性が海外に出て行くのと似ていて、同調圧力に耐えられないから。” BLOGOS, 2014年10月15日.
竹内健, “単純には喜べない青色レーザーダイオードのノーベル賞。日本ではゼロから1を作った人がリスペクトされるのか?” ハフィントンポスト 日本版, 2014年10月14日.
竹内健, “日本の研究者・技術者は本当に虐げられているのか?” BLOGOS, 2014年10月14日.
竹内健, “単純には喜べない青色レーザーダイオードのノーベル賞。日本ではゼロから1を作った人がリスペクトされるのか?” ガジェット通信, 2014年10月9日.
竹内健, “単純には喜べない青色レーザーダイオードのノーベル賞。日本ではゼロから1を作った人がリスペクトされるのか?” BLOGOS, 2014年10月8日.
竹内健, “驚きのテクノロジー フラッシュメモリ データの携帯に欠かせない高性能小型記憶媒体” ニュートン 別冊 ハイテクの世界2, 2014年10月.
竹内健, “匠の技のものづくりもGoogleに飲み込まれるのか? 縦割りの打破が次の産業革命を主導するカギ” 日経テクノロジー online, 2014年8月26日.
竹内健, “真のイノベーションは専門家にも理解されない フラッシュメモリの原型、浮遊ゲートセルの発明は学術誌に掲載を拒否されていた” 日経テクノロジー online, 2014年8月12日.
竹内健, “「コピペ博士」から透けて見える社会の本音 常に学ぶことが必要な時代では個人も大学も変化を迫られている” 日経テクノロジー online, 2014年7月29日.
竹内健, “驚きのテクノロジー フラッシュメモリ データの携帯に欠かせない高性能小型記憶媒体” ニュートン, 2014年8月号. 2014年6月26日発売
竹内健, “「それはわが社の仕事ではありません」から変えていこう ハード・ソフト・サービス融合の時代、競争する土俵も変わった” 日経テクノロジー online, 2014年6月10日.
竹内健, “エンジニアリングデザインがメーカーを救う ソフト・ハード融合の本質はマネタイズの革新” 日経テクノロジー online, 2014年5月8日.
竹内健, “STAP細胞の報道に感じる違和感、研究マネジメントも研究のうち 研究者に求められるMOT(技術経営)とは” 日経テクノロジー online, 2014年4月7日.
竹内健, “IoT(モノのインターネット)ではシステムLSIの失敗を繰り返してはいけない 少量多品種でロングテールは「いつか来た道」” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2014年3月6日.
竹内健, “半導体メモリーを搭載したソリッドステートドライブ” 映像情報メディア学会誌, vol. 68, no. 1, pp. 26-31, 2014年1月.
竹内健, “フラッシュメモリの高信頼信号処理技術” 信頼性, vol. 35, no. 8, pp. 460, 2013.
竹内健, “「モノのインターネット」では「お客様のために」だけでは不十分 バリューチェーンの中の異業種の協力と競争” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2014年1月15日.
竹内健, “私どもの技術者は半導体メーカーの技術者ほど技術一辺倒ではないのです 技術者がビジネスモデルを考えることが必須の時代” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年12月25日.
竹内健, “ライバル企業に引き抜かれたOBを活用しませんか? 自社もライバル企業も熟知するOBは知恵の宝庫” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年11月25日.
竹内健, “半導体技術者 越境のとき” 日経エレクトロニクス, 2013年11月11日.
竹内健, “iPhoneではアップルはフラッシュメモリを10倍高く売って儲けている,” ガジェット通信, 2013年10月.
竹内健, “日本のソフト軽視はいつまで続くのか ハードが強すぎた日本が乗り越えなければならない「慣性の法則」,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年9月30日.
竹内健, “シンガポールで見た、日本との産業政策の圧倒的な違い。長期的な戦略がなければ、産業の育成はできない,” ガジェット通信, 2013年8月.
竹内健, “少子化やワークライフバランスだけではない、女性が働き続ける必要性 先を見通せない時代では、共働きこそがリスクを下げる,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年8月5日.
竹内健, “大学入試で人気復活の工学部で何を学ぶべきか? 「学び方」を学ぶことこそ、生涯の財産,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年6月24日.
竹内健, “大学を卒業して20年たつとわかる、終身雇用なんて、幻想だった。,” ガジェット通信, 2013年6月.
竹内健, “変化が激しい時代に、大学で何を学ぶべきか~時代を経ても変わるスキルと、変わらないスキル,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年5月22日.
竹内健, “「死んでたまるか! 日本の電機」 インタビュー記事「甦れニッポン! 私の電機再生策」,” 東洋経済, 2013年4月22日.
竹内健, “まじめに規則を守って仕事をすればするほど、ダメになっていく日本,” ガジェット通信, 2013年4月.
竹内健, “電機産業の凋落を見ておもう。自分の人生は自分の直感で決めるもの。,” ガジェット通信, 2013年4月.
竹内健, “技術を極めるだけでは生き残れない 専門性と多様な経験の組み合わせが必要に,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年4月9日.
竹内健, “規模は小さくてもキラリと光る、ものづくり 巨額な投資を行わないスーパーニッチ戦略,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年3月5日.
竹内健, “日本のものづくり復活のカギはビッグデータの活用にあり データ活用を阻む壁を超えるリーダーシップ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2013年1月28日.
竹内健, “日本のエレクトロニクスの復活を目指して~サービス・ソフト・ハード融合によるビッグデータ・ストレージ,” 電子情報通信学会誌, 2013年1月.
竹内健, “苦境の電機産業に見る、日本型雇用の終焉 シャープやルネサスで希望退職者が殺到する矛盾,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年11月26日.
竹内健, “限界に挑戦するフラッシュメモリとSSDの最新動向,” 電子情報通信学会会誌小特集号, 2012年11月.
竹内健, “似て非なる「AmazonのTIのCPU事業買収」と「国内10社のルネサス出資」 サービス・ソフト・ハードの融合にはユーザー企業の覚悟も試される,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年10月22日.
竹内健, “リストラが相次ぐ電機業界、抜擢人事なくして、復活は望めない 均一の賃金カットや早期退職では体力が落ちるだけ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年10月1日.
竹内健, “個人の生き残りの条件は、変わり続けること、学び続けること これからのワークライフバランスは仕事、家庭、学びの調和,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年8月27日.
竹内健, “HDD事業を売却しサービスに特化したIBMがSSDメーカーを買収するわけ 水平分業からハード・ソフト・サービス統合の時代へ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年8月20日.
竹内健, 宮地幸祐, “SSDをさらに高速・低電力に 新型メモリを組み合わせる ReRAM搭載のSSDを提案 性能11倍、電力93%減へ,” 日経エレクトロニクス, 2012年8月6日号.
竹内健, “SSDコントローラ技術,” 映像情報メディア学会誌, 2012年8月号.
竹内健, “イチローの爽快感と日本の組織の閉塞感 実力主義が適材適所を促す、年功序列が組織の新陳代謝を邪魔してないか,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年7月30日.
竹内健, “「こんな製品を開発します」では投資してもらえない 企業にとって技術は手段であって目的ではない,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年7月2日.
竹内健, “海外の巨大企業との連携で、ピンチをチャンスに変える 懐に飛び込み、日本の技術を世界標準に,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年6月11日.
竹内健, “ハードウエアを活かしきるシステム技術で日本のエレクトロニクスを復興する,” ChuoOnline, 2012年5月.
竹内健, “GoogleやFacebookがハードに進出する時代とは 新分野に挑戦し続ける者が生き残る,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年5月14日.
竹内健, “誰もが満足できる「正義」がない時代を生き抜くには,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年4月16日.
竹内健, “NANDフラッシュメモリとSSDの進展,” IEICE Electronics Express (ELEX), 2012年4月.
竹内健, “日本のエレクトロニクス,敗因も復活への処方箋も多種多様,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年3月26日.
竹内健, “エルピーダ倒産はエレクトロニクス激震のはじまり,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年3月15日.
竹内健, “手軽に情報を運ぶ フラッシュメモリ,” ニュートン別冊「ハイテクの世界 スーパーイラストでしくみを知る」 2012年2月.
竹内健, “ツイッター、やらなきゃ損?! ソーシャルメディアや学会を使い、自分という商品を売り込む,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年2月13日.
竹内健, “Kodak破綻、フラッシュ・メモリが日本発だから富士フイルムは生き残れた  異分野が集積した日本のエコシステムでイノベーションを生み出そう,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年1月30日.
竹内健, “就活シーズン到来、波乱の時代の仕事選び:つらくても楽しいと思える仕事、変化に富んだ環境を見つけよう,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年1月19日.
竹内健, “2012年のエレクトロニクス業界:産官学の衆知を集め正念場の戦いに挑もう 低利益率で参入障壁を高め残存者利益を得る戦略,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2012年1月5日.
竹内健, “フラッシュメモリとSSDの技術動向,” Probo 37, 2011年12月.
竹内健, “あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい 徹底的にユーザーの立場に立った商品企画と技術開発,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年12月26日.
竹内健, “Appleが半導体ベンチャーの買収を狙うわけ アプリケーションを見据えたデバイス・素材の大きな潜在力,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年12月19日.
竹内健, “iPhoneだけではない引き算の重要性 思い切った技術の取捨選択が「異質の時代」のカギ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年12月8日.
竹内健, “フラッシュメモリとSSDの技術動向,” Probo 37, 2011年11月.
竹内健, “エレクトロニクスの知的創造でも韓国が大躍進のわけ ISSCC論文数で日本を抜いた韓国のリノベーション,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年11月28日.
竹内健, “女子力が日本のエレクトロニクスを救う?! 技術を生かすサービスの市場を見定め、編集力や共感力で実現する,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年11月21日.
竹内健, “1+1が1になるかも?! エレクトロニクス業界の統合は諸刃の剣,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年11月15日.
竹内健, “TPP論争に白けてしまうのはなぜ? 必要なのはグローバル化の是非ではなく、グローバル化を生き抜く戦略,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年11月7日.
竹内健, “オリンパスのエンジニアのみなさんへのエール コーポレートガバナンスの危機を生き残る術,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年11月1日.
竹内健, “ひょっとして信用されていない?! 知らないと損をする?!欧米のCredibility,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年10月24日.
竹内健, “Steve Jobsを育てたシリコンバレー 起業家を育む暖かい視線,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年10月17日.
竹内健, “浸透してきた半導体ディスク装置,” 日本電気学会誌, vol. 131, no. 10, pp. 687-691, 2011.
竹内健, “エンジニア同士のつながりで戦いに挑もう! オープン・イノベーションは大企業と大学・ベンチャーの相互理解から,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年10月4日.
竹内健, “海外に出て行く製造業を追いかけよ! ~「イノベーションのジレンマ」を回避するには、コモディティー市場での真っ向勝負~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年9月26日.
竹内健, “「死の町」発言で大臣辞任でも、「天罰」発言なのに知事再選はなぜか? ~生きざまや経験を映しだす「言葉の力」~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年9月20日.
竹内健, “民主党代表選挙:ドジョウさんの感情マネージメント ~才能を生かす心の知能指数EQ~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年9月6日.
竹内健, “視界不良!GoogleやHPにみるエンジニアのキャリア ~技術の強みを異分野で活かすキャリアパス~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年8月29日.
竹内健, “放射能問題は「マジメすぎる自縄自縛の罠」 ~ルールの根本精神に則って柔軟に対応するマネージメント~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年8月23日.
竹内健, “なでしこジャパンに学ぶ共感力 ~フラット化する世界を生き抜く自律的組織~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年8月9日.
竹内健, “ダメ上司は良い上司? ~上司をマネージメントする組織行動論~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年8月2日.
竹内健, “もう一歩前へ ~震災復興はMOTの新たな挑戦~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年7月26日.
竹内健, “アルキメデスの王冠とニュートンのリンゴ ~「コンセプトの時代」を切り開く創造性~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年7月11日.
竹内健, “ベンチャー企業が苦境に 「持っている」ベンチャー企業を見抜きWin-Winの関係を構築する,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年6月29日.
竹内健, “デスバレー(死の谷)を乗り越えろ 時代の転換点を察知し、味方につけるエンジニアの力,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年6月20日号.
竹内健, “「再臨界の可能性はゼロではないと言ったのは、事実上ゼロだという意味」はどういう意味? エンジニアの技術を伝えるコミュニケーション能力,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年6月9日号.
竹内健, “「創業したエンジニアは、金を与えて追い出せ」という投資家の心理 投資家・経営者のロジックを理解することがMOT,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年6月1日号.
竹内健, “一匹狼より、チームで狩りをして獲物をゲット 「垂直統合型」「水平分業型」から「水平統合型」の戦略へ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年5月23日号.
竹内健, “「一番じゃなきゃダメなんです グローバル競争下での産業戦略,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年5月9日号.
竹内健, “フラッシュメモリー開発秘話 限りなき技術への挑戦," 致知, 2011年5月号.
竹内健, “「想定外」を想定する?! 正規分布によるリスク分析の限界,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年4月25日号.
竹内健, “こんなこと無理かな? 東北地方の復興案 エンジニアのつくるビジネスプラン,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年4月19日号.
竹内健, “緊急事態!あなたはどうする?危機のリーダーシップ~決断・行動・情報開示・説明責任~,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年4月11日号.
竹内健, “少し元気をなくしているエンジニアのみなさんへ 日本のブランド価値の危機を迎えて,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年4月4日号.
竹内健, “日本復興のためにわれわれも立ち上がろう!戦略転換点でのリーダーシップ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年3月22日号.
竹内健, “弱肉強食のエレクトロニクス業界で生き残るための経営とは?「ハンズオフ」から「ハンズオン」へ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年3月7日号.
竹内健, “新技術の商品化にはスイッチング・コストの克服がカギ,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年2月14日号.
竹内健, “日本の技術者よ、MOTを身につけよう!ボトムアップのMOT,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2011年2月23日号.
竹内健, “ストレージ・クラス・メモリ 機器のボトルネック解消を狙う,” 日経エレクトロニクス, 2011年2月7日号.
竹内健, “ISSCC2011プレビュー NANDは20nm世代で64Gビットに到達 超高速ReRAMや高信頼のSSDにも注目,” 日経エレクトロニクス, p. 82, 2011年1月24日号.
竹内健, “フラッシュメモリーの現状と今後の展望,” 応用物理, vol.79, no.12, pp. 1065-1070, 2010年12月.
矢野和男, 広瀬佳生, 竹内健, 野村恭彦, “21世紀の科学技術とグランドチャレンジを描く 「サービスと科学の融合」から「ムーアの法則」を超える指導原理が生まれる,” 日経エレクトロニクス, 2010年8月9日号.
竹内健, “手軽に情報を運ぶ フラッシュメモリ,” ニュートン, 2010年8月.
竹内健, “ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の高信頼性化技術(High Reliability Technologies of Solid-State Drives (SSD),” 信頼性, vol. 32, no.3, 2010年5月号
竹内健, “ISSCC2010, DRAMとNANDフラッシュ分野,一見「地味」でも実用的な重要技術が数多く登場,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2010年2月12日
竹内健, “2020年の半導体未来像,そこに向けた課題と克服策,” 半導体技術年鑑2010, 2009年11月30日
竹内健, “ISSCC2009, SSD応用を目指すには,大容量NAND技術とともに低電力技術が必須に,” 日経エレクトロニクス Tech-On, 2009年2月12日
竹内健, “低消費電力フラッシュメモリ技術:3次元積層SSD(Solid-State Drive)システムとFerroelectric(Fe)-NANDフラッシュメモリ," Material Stage, pp. 28-31 , 2009年2月号
竹内健, “ISSCC 2009プレビュー:NANDは超多値技術が実用域へ、DRAMは4枚積層で8Gビット,” 日経エレクトロニクス, p. 67, 2009年1月12日号
竹内健, “SSDの将来像 - HDD完全代替に向けてOSによる対応が急務,” 日経エレクトロニクス, pp.67-77, 2008年4月21日号
Ken Takeuchi, "Future Semiconductor Technologies shown in the 2000 Symposium on VLSI Circuits” Nikkei Micodevices, June 2000
Ken Takeuchi, “Future Semiconductor Technologies shown in the 1999 Symposium on VLSI Circuits” Nikkei Micodevices, June 1999

Copyright c Takeuchi Laboratory, All Rights Reserved.