中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科
 中央大学 大学院理工学研究科 電気電子情報通信工学専攻 竹内研究室

TOPICS
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度
2008年度
2014年度
15/03/23 日経テクノロジーOnline のコラムに 「Googleが半導体エンジニアを採用する時代の就活とは?」 が掲載されました。
15/03/17 日経テクノロジーOnline のコラムに 「コンピューティング技術は歴史的転換点にある」 が掲載されました。
15/03/11-14 東海大学で開催された 応用物理学会 で、竹内研から8件の発表を行いました。
  • 徳冨司, 土井雅史, 蜂谷尚悟, 田中丸周平, 竹内健, “TLC NAND フラッシュメモリ向け高速,高信頼LDPC符号”
  • 山沢裕紀, 寧渉洋, Tomoko Ogura Iwasaki, 田中丸周平, 上口光, 竹内健, “50nm AlxOy ReRAMアレイの書き換え前後のデータ保持特性”
  • 山﨑泉樹, 田中丸周平, 北村雄太, 竹内健, “長期保存メモリに向けたSSDの高信頼手法”
  • 山﨑泉樹, 田中丸周平, 竹内健, “エンタープライズ向けソリット・ステート・ドライブの高信頼性手法”
  • 小林惇朗, 徳冨司, 土井雅史, 蜂谷尚悟, 田中丸周平, 竹内健, “TLCフラッシュメモリ向け読み出し電圧の動的最適化及びデータの自動回復技術”
  • 瀧下博文, 田中丸周平, 保坂翔吾, 上口光, 竹内健, “信頼性を考慮したストレージクラスメモリとNANDフラッシュメモリを用いたSSDの性能解析”
  • 石井智也, 上口光, 竹内健, “三次元積層ReRAM/NANDフラッシュメモリハイブリッドSSDの実装方法”
  • 西川進, 寧渉洋, 蜂谷尚悟, 竹内健, “抵抗変化型メモリの書き込み特性の評価”
  • 15/03/02 NEDO “エネルギー・環境新技術先導プログラム” に “IoT時代のCPSに必要な極低消費電力データセントリック・コンピューティング技術” が採択されました。
    14/03/01 カリフォルニア大学サンディエゴ校で開催された 6th Annual Non-Volatile Memories Workshop(NVMW) 2015 にて2件のポスター発表を行いました。
  • Takahiro Onagi, Chao Sun and Ken Takeuchi, “High Performance and Low Cost Design for All 3D-NAND Flash SSD,M-SCM/3D-NAND Flash Hybrid SSD and All S-SCM SSD”
  • Asuka Arakawa, Chao Sun and Ken Takeuchi, “Database Storage Engine and SSD Controller Co-design for SSD Performance Enhancement and Energy Reduction”
  • 15/02/25 日経テクノロジーOnline のコラムに 「リアルタイムデータ処理に向けた高速・高信頼のSSD、中央大が開発」 が掲載されました。
    15/02/24 サンフランシスコで行われた ISSCC で発表を行いました。並びに「Silkroad Award」を受賞しました。
  • T. Tokutomi, M. Doi, S. Hachiya, A. Kobayashi, S. Tanakamaru, K. Takeuchi “Enterprise-Grade 6× Fast Read and 5× Highly Reliable SSD with TLC NAND-Flash Memory for Big-Data Storage”
  • 14/01/14 日経テクノロジーOnline のコラムに 「ソフト全盛の時代、もうハードを学ばなくて良いのか?」 が掲載されました。
    14/12/25 日経テクノロジーOnline のコラムに 「MOT(技術経営)を学ぶには技術と経営のどちらが先か?」 が掲載されました。
    14/12/07 集積回路のオリンピック ISSCC に5年連続で論文が採択されました。TLCフラッシュメモリを使った高速・高信頼エンタープライズSSD技術。
  • T. Tokutomi, M. Doi, S. Hachiya, A. Kobayashi, S. Tanakamaru, K. Takeuchi “Enterprise-Grade 6× Fast Read and 5× Highly Reliable SSD with TLC NAND-Flash Memory for Big-Data Storage”
  • 14/12/01-02 集積回路研究会(ICD)(機械振興会館) で竹内研から学部4年生が8件のポスター発表を行いました。
  • 鈴木朔弥, 山崎泉樹, 竹内健, “長期保存向けNAND型フラッシュメモリの信頼性評価,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 山田知明, 孫超, 竹内健, “LBA Scramblerを用いたソリッド・ステート・ドライブの性能評価,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 瀧下博文, 田中丸周平, 小名木貴裕, 竹内健, “エラー訂正符号の影響を考慮したHybrid SSDの性能評価,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 西川進, 寧渉洋, 竹内健, “抵抗変化型メモリ(ReRAM)の書き込み特性の評価,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 齊藤悠介, 岡本峻, 孫超, 竹内健, “トランザクションモデルベースのシミュレータを用いたハイブリッドSSDの性能評価及びデータパターン依存性,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 柳沢英祐, 寧渉洋, 竹内健, “Carbon nanotube(CNT)を用いた不揮発性メモリデバイスの信頼性評価,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 小林惇朗, 蜂谷尚悟, 土井雅史, 徳冨司, 竹内健, “Hybrid NAND型フラッシュメモリの信頼性評価,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 田中誠大, 石井智也, 蜂谷尚悟, 竹内健, “低電圧動作可能なReRAM向けプログラム電圧生成回路,” 集積回路研究会(ICD), 2014年12月.
  • 14/11/26 秋葉原コンベンションホールで開催される 半導体ストレージサミット 2014 で講演を行いました。
  • “フラッシュメモリをどう使いこなすか 高速/高信頼/長寿命化に向けた制御技術”
  • 14/11/19 コンピュータシステム・シンポジウム(Comsys)2014 でSSDを高速化するミドルウエアに関して2件のポスター発表を行いました。
  • Chao Sun, Asuka Arakawa and Ken Takeuchi, “SEA-SSD: A Storage Engine Assisted SSD with Application-Coupled Simulation Platform”
  • 松井千尋, 曽我あゆみ, 孫超, Ken Takeuchi, “ガベージコレクション回数を削減しNANDフラッシュSSDを高速化するミドルウエア”
  • 14/11/19-21 パシフィコ横浜で開催された、 組込み総合技術展(Embedded Technology 2014) のJST(科学技術振興機構)ディペンダブルVLSI研究領域のブースで、
    ディペンダブルSSDのデモ展示を行いました。
    14/11/15 朝日新聞 DIGITAL に記事が掲載。
    14/10/27-29 韓国の済州島で開催されたIEEE Non-Volatile Memory Technology Symposium (NVMTS)で高速ストレージの発表を1件行いました。
  • Tomoaki Yamada, Chao Sun and Ken Takeuchi, “A High-Performance Solid-State Drive by Garbage Collection Overhead Suppression” IEEE Non-Volatile Memory Technology Symposium (NVMTS), October 2014.
  • 14/10/18 NHK 週間ニュースの深読み
    テーマ「ノーベル賞日本人受賞!どうなる科学技術立国ニッポン」
    に出演しました。
    14/10/16 日経テクノロジーOnline のコラムに 「中村修二さんだけでなく優秀なエンジニアの海外流出は続く」 が掲載されました。
    14/10/10 CEATECで講演、パネル討論。
    14/10/06 Learning Square 新橋にて 工学デザインセミナー開催。
    14/09/08-11 筑波で開催されたInternational Conference on Solid State Devices and Materials(SSDM)でポスター発表を1件行いました。
  • Takahiro Onagi, Chao Sun and Ken Takeuchi, “Design Guidelines of All Storage Class Memory (SCM) SSD and Hybrid SCM/NAND Flash SSD to Balance Performance, Power, Endurance and Cost” International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM)
  • 14/08/26 日経Tech-OnにMOTコラム
    「匠の技のものづくりもGoogleに飲み込まれるのか?縦割りの打破が次の産業革命を手動するカギ」
    が掲載されました。
    14/08/12 日経Tech-OnにMOTコラム
    「真のイノベーションは専門家にも理解されないフラッシュメモリの原型、浮遊ゲートセルの発明は学術誌に掲載を拒否されていた」
    が掲載されました。
    14/07/29 日経Tech-OnにMOTコラム
    「「コピペ博士」から透けて見える社会の本音~常に学ぶことが必要な時代では個人も大学も変化を迫られている」
    が掲載されました。
    14/07/14 SSCS Kansai Chapter VLSI Cuircuits2014報告会で講演を行いました。
    14/06/26 ニュートン8月号に記事
    「驚きのテクノロジー フラッシュメモリ データの携帯に欠かせない高性能記憶媒体」
    が掲載されました。
    14/06/17 VLSIシンポジウムで発表した長期記憶のSSDに関して、プレスリリースを行いました。
    「デジタルデータの長期保存へ道 1000年記憶を目指してSSDのエラーを80%低減」
    14/06/09-13 ホノルルで開催されたSymposia on VLSI Technology and Circuitsで2件の発表を行いました。
  • Shuhei Tanakamaru, Yuta Kitamura, Senju Yamazaki, Tsukasa Tokutomi and Ken Takeuchi, “Application-Aware Solid-State Drives (SSDs) with Adaptive Coding” IEEE Symp. on VLSI Circuits
  • Sheyang Ning, Tomoko Ogura Iwasaki, Kazuya Shimomura, Koh Johguchi, Glen Rosendale, Monte Manning, Darlene Viviani, Thomas Rueckes and Ken Takeuchi, “23% Faster Program and 40% Energy Reduction of Carbon Nanotube Non-volatile Memory with Over 10^11 Endurance” IEEE Symp. on VLSI Circuits
  • 14/06/08-09 ホノルルで開催されたSilicon Nanoelectronics Workshop(SNW)でポスター発表を1件行いました。
  • Hiroki Yamazawa, Sheyang Ning, Tomoko Ogura Iwasaki, Shuhei Tanakamaru, Koh Johguchi and Ken Takeuchi, “50 nm AlxOy ReRAM Array Retention Characteristics Before and After Endurance” Silicon Nanoelectronics Workshop (SNW)
  • 14/06/08 日経Tech-OnにMOTコラム
    「それはわが社の仕事ではありません」から変えていこう ハード・ソフト・サービス融合の時代、競争する土俵も変わった」
    が掲載されました。
    14/05/26-28 5/26-28に北九州で開催されたシステムとLSIのワークショップで招待講演とパネル討論及びポスター発表を行いました。
  • 竹内健, “プロセッシング・セントリックの時代からデータ処理・セントリックの時代へ”[招待講演]
  • 竹内健, “2020年の社会に貢献する LSIとシステムシステム”[パネル討論]
  • 小名木貴裕, 孫超, 曽我あゆみ, 上口光, 竹内健, “アプリケーションに応じたフラッシュメモリとSSDコントローラの最適設計”[ポスター講演]
  • 山﨑泉樹, 上口光,,江上徹, 吉岡和顕, 竹内健, “GST-PCMとSL-PCMの高速・低エネルギーの電気特性評価と書き込み/読み出し回路”[ポスター講演]
  • 荒川飛鳥, 孫超, 曽我あゆみ, 宮地幸祐, 竹内健, “SSDコントローラーとミドルウェアの協調設計”[ポスター講演]
  • 14/05/19-21 5/19-21に台湾で行われたIMWで3件の発表を行いました。
  • Ayumi Soga, Chao Sun and Ken Takeuchi, “NAND Flash Aware Data Management System for High-Speed SSDs by Garbage Collection Overhead Suppression” IEEE International Memory Workshop.
  • Tsukasa Tokutomi, Shuhei Tanakamaru, Tomoko Ogura Iwasaki and Ken Takeuchi, “Advanced Error Prediction LDPC for High-Speed Reliable TLC NAND-based SSDs” IEEE International Memory Workshop.
  • Shuhei Tanakamaru, Shogo Hosaka, Koh Johguchi and Ken Takeuchi, “Performance and Reliability of NAND Flash/SCM Hybrid SSD during Write/Erase Cycling” IEEE International Memory Workshop.
  • 14/04/15-16 集積回路研究会のメモリ研究会でSSDやストレージクラスメモリに関して5件の発表を行いました。
  • 竹内健, “高速不揮発性RAMとフラッシュメモリで構成するハイブリッド・ストレージ”
  • 山沢裕紀, 徳富司, 田中丸周平, 寧渉洋, 竹内健, “AID-5/6構成のクラウドデータセンタ向けReRAM/TLC NANDフラッシュメモリのハイブリッドストレージ”
  • 蜂谷尚悟, 上口光, 宮地幸祐, 竹内健, “ビッグデータ向けMLC/TLCハイブリッドストレージアレイのデータマネジメントと交換手法の提案”
  • 宮地幸祐, 孫超, 曽我あゆみ, 竹内健, “SSDを用いたデータベースストレージシステムにおけるアプリケーション層とNANDフラッシュメモリ層の協調設計”
  • 宮地幸祐, 藤井裕大, 上口光, 樋口和英, 孫超, 竹内健, “三次元TSV積層ReRAM/NANDフラッシュメモリハイブリッドSSDにおける不揮発メモリへの 性能要求”

  • Copyright c Takeuchi Laboratory, All Rights Reserved.